ときたま文学『愛のゆくえ』 リチャード・ブローティガン

今年、村上春樹の新刊『騎士団長殺し』が書店に並び、生まれて初めて村上作品を読んでから小説を読む機会が増えた。小説を毛嫌いしていたつもりはなかったけど、 「 ノンフィクション > 小説 」 という関係を頭の中、無意識でつくっていたのかもしれない。 実際にはそんなことないんだけどね。比べるものじゃないのはわか…